散髪

仕事の合間に散髪に行ってきました。いつも行くところです。

美容室ではなく理容室です。

顔そりが たまりません!

 

さて本題。

ここに通い出して3年くらいです。オープンしてからすぐにファンになりました。

ここの主人が上手なんです。奥さんが気さくなんです。

「確かな技術」と「おもてなしの心」

カリスマ美容師などと、もてはやされている方々よりも、

仕事の本質を見せてくれます。

ずっと通うことでしょう。

 

運動会

13日(月)は、体育の日でした。

色々なところで運動会が開催されました。

弊社は、学校の卒業アルバム制作を請け負っており、

学校の行事には、必ずといっていいくらい撮影に行っております。

当然 運動会には行きます。

13日で大方の学校の運動会が終了しました。

 

子供たちの一生懸命 競技している姿は、本当に感動します。

この感動をアルバムにして、子供たちの一生の宝物にしてもらう。

そのような事を考え、学校アルバムをつくっています。

非常にやりがいのある仕事です。

3月の卒業式で子供たちがアルバムを見て喜んでいる姿を想像し、

モチベーションをあげて、頑張って参ります。

和装写真

今日は、弊社スタッフと一緒に嵐山へ、和装のロケーション撮影に行ってきました。

3連休明けの雨の平日。

人は、いないだろうと、高をくくっておりました。

が しかし・・・。

詳しくはスタッフブログをご覧ください。

 

私は、30歳くらいの頃、海外のウエディング写真の撮影をしていました。

その時に一番新鮮に感じた事。

それは、いろいろな国に行っても、必ず皆さん自分の国の

民族衣装で結婚式を挙げていた事です。

自国の文化・伝統を残しています。

日本でも もっと和装を着る機会があればと感じております。

自分も今度のお正月は、着物で過ごそう。

 

同窓会

今日の撮影終了後、先程まで、京都河原町にて大学の同窓会に出席してきました。

卒業以来 全然会っていない人も来ていて 大変な盛り上がりようでした。

話しをするうちに、気付いたことがあります。

現在 仕事を頑張っている人や夢がある人は、将来や今後についての話しをしています。

現在 頑張っていない人や夢を語れない人は、昔話に華を咲かせていました。

自分は、ずっと将来の事を、語り続けることの出来る人間でありたいと思います。

HOTEL SETRE

今日は 神戸舞子にあるホテルセトレに行ってまいりました。

このホテルのブライダル撮影を弊社が担当させて頂いています。

ちょっとご紹介!

さて、このセトレなんですが、明石海峡大橋のふもとにあり、

本当に雄大なロケーションに圧倒されます。

日経新聞の土曜日に「何でもランキング」というコーナーがあります。

そこで「窓からの絶景ホテル」?(だったような)ランキング1位になりました。

ホテル内レストラン「ミアアルベルゴ」の料理も絶品です。

是非是非 一度足を運んでみてください。

私も家族で、夏休みに利用させて頂いております。

年に一度の家族サービスです。

勉強会

今日は、19時から勉強会に参加してきました。

内容は、「クリエイターのための知財武装」とでもいいましょうか・・・

著作権や版権、契約書作成時の注意など。

自分のモノにするには、もう少し時間がかかりそうです。

 

明日は、京都嵐山での撮影があります。朝が早いので、かえって寝ます。

京都2

今日も京都でブライダルの撮影でした。

私にとって京都は、思い出の場所です。

というのも、京都の某大学に行っており、大学の4年間は、北山界隈で1人暮らしをしていたからです。

大学生の頃は、全然、写真を撮っていませんでした。

勉強もしてなかったと思います。

何をしていたかといいますと、アルバイトやサークル活動&遊び。

でも 本気で遊んでいました。

その頃 本気で遊んでいた人たちとは、現在も非常に仲良くしております。

今月 その仲間たちと京都で会います。

楽しみです。

 

 

京都

今日は、東山界隈に行ってきました。

結婚式の撮影です。

東山は、平安神宮や知恩院、青蓮院など、本当に京都らしい場所です。

撮影後、神宮道を歩いていると、気付いた事が。

なんと半分以上が外国人!!!

京都は、フランスのパリと並ぶ、世界的にも観光客を集めている地域だそうです。

日本の古き良き文化・伝統を写真に残していく事も、「カメラマンとしての使命」かなと

考えさせられました。

誕生日

こんにちは。

昨日は、私の妻と娘の誕生日でした。

なんと同じ誕生日なんです!!

晩御飯を食べにいったところで、お店の方が、写真を撮ってくださいました。

普段は撮影している側の人間が撮影される側になるというのは、緊張しますね。

写真を見ると、私以外は皆 いい笑顔!

いかに皆さんの緊張をほぐす事が大事かを痛感いたしました。

写真を撮影される側の思いをちょっと感じた瞬間でした。