鉄板焼きと人材

18歳から一人暮らしを始め32歳で結婚するまで、自炊することがありませんでした・・・

というのも、大学時代は朝昼兼用で学食で食べ、夜は居酒屋さんでアルバイトしてましたが、賄い付きでした。

そんな私が結婚してから少しだけ料理するようになりました。

「鉄板焼き、鍋、すき焼き」の3種類です。

まぁ 何れも料理というよりは、素材セレクトのセンスが重要になります。

素材の悪いところをを気にすると、ソースなどで悪い部分を隠そうとします。

素材の良いところに目を向ければ、その素材の良さを出そうとします。

人材も同じで、必ず長所と短所があります。どちらに目を向けるか。

悪いところを直そうとして、角を取って小さな〇にしようとしがちですが、

悪いところは簡単な補正程度で、良いところを伸ばして大きな〇を作ることで

角が目立たないようにしていきたいと考えています。

その意味で考えると、人の意見を聞く事の出来る、

「素直さ」という事が人の成長にとって一番重要な事かもしれません。

それを見極めるセンスが経営者・リーダーには必要ですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です