顧客目線

「商品が いかに素晴らしいか?」を説明する所に

意識がいってしまう事があります。

これは、打ち合わせの際 失敗する 最大の原因です。

自分の商品のことばかり考えていて、

顧客や見込み客のことが見えていません。

「どうしたら弊社の商品が必要になるか?」を

顧客目線で考える必要があります。

「商品の魅力をいくら語ったところで、

お客さんが必要性を感じていなかったら、その商品が売れることはない」からです。

逆に考えると 「欲しい」「必要だ」という状態を 先に作り出すことができれば、

その商品は購入して頂けるということです。

商品を売る側が先にやるべきことは、

お客さんの「欲しい」と言う状態を作り出すことであって、

間違っても、商品の魅力を先に伝えることではないという事ですね。

我々は撮影技術の話ではなく、

「写真・映像の楽しさ」や「写真・映像は一生の宝物」だという話をする事ですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です